ようこそ!


「AFTERNOON PIANONNO(アフタヌーン・ピアノンノ)」は、平成4年の北大ピアノクラブ創設当初所属していた部員のうち、一部のOB/OG仲良しメンバーが集まって2010年からやり始めた、小さなサロンコンサートです。音楽を愛する仲間たちが、年に1度集まって旧交を温めつつ、なるたけお金をかけずに気軽に音楽を楽しもうという、ただそれだけを思って始めた、ささやかな集まりです。 ぼちぼち、ゆる~く、続けていこうと思っております。よろづ帳はこちら! ブログへのご意見・ご要望はこちらまで。

2017年8月9日水曜日

福島のOさん渾身の所感を寄せてくださいました!

福島は会津から今年のアフタヌーン・ピアノンノに来てくださったM.Oさんが、今年もまた渾身の所感を寄せてくださいました!

毎年、今年はどんな所感くださるだろう?と楽しみにしつつ、これ書くの相当エネルギー使っただろうなと、その苦労を思うと本当にありがたいことです。ありがたく読ませていただきます。






ここから==================================

 「音楽は人生である」といった場合、私の中では意味が二通りあって、一つは某音盤屋の「NO MUSIC, NO LIFE」のような「音楽なしには生きられない」という意味。これはわかる人には説明なしにわかるし、わからない人には言葉を尽くしても理解してもらえない事でしょう。そして、もう一つは「音楽の存在そのものが、人生に似ている」という意味。音楽も人生も「時間」という要素なしは成立しないので、音楽に関わると言うことは、多かれ少なかれ「人生のミニチュア」を仮想体験することになります。

 音楽を奏でたり聴いたりする時、曲の種類にもよるでしょうが、やはり何らかの「物語(ドラマ)」を感じることが多いのではないでしょうか。歌詞がつけばなおさらです。ただ、「物語」と言っても、必ずしも小説のようなくっきりした筋が見えるものばかりではありません。時間の経過とともに「変化」してゆく何かを感じとる事だって、無意識のうちに「物語」を自分の中で作ってしまっているものなのです。そして、日々の変化の中で生じる「言葉にならない物語」を未来へつなげながら自分の人生も作っているのではないでしょうか。言うまでもなく、頭で考える「人生設計(ライフプラン)」などというものは、概ねその通りには進まないもので、(外 部的にも、内面的にも)想定外の事が起こり、出発点からすると随分と違う場所に立っている事が多いものです。そして、過去の些細な出来事が、思わぬところでつながったりするのも生きていゆく中でしばしば経験することでしょう。


 今年のアフタヌーンピアノンノ、それぞれの演奏の素晴らしさもさることながら、演奏会全体を見渡してみると、この演奏会自体が4楽章構成の交響曲のような、まさに「人生そのもの」のように感じられ、思い返すたびに趣深い余韻を感じます。

 これはまずプログラム構成されたY.Oくんの設定した絶妙な曲順によるところが大きい。まさに演奏会全体が大きな物語になるように非常によく練られた(深く考えてなかったという噂もありますが)見事なものでした。その完璧とも言えるプログラムに、飛び入り参加がなんと6回も。その都度、Y.O君の鮮やかな采配で、まさに実際の人生のように想定外の出来事が様々な化学反応を誘導したのでした。そして、演奏会全体が実際の人生のように立ち現われたのは、言うまでもなくそれぞれの音楽が「生身の人間と共にそこに生きていた」からに他なりません。


 ということで、今年は個人個人の音楽の印象と言うよりも、演奏会全体の中でどんな位置づけだったかという、多少私の主観的(思い込みとも言う)視点あるいはこじつけな内容が多くなるかもしれません。なお、飛び入り参加者には*印をつけています。






1楽章 Allegro fresco (初々しく快活に)


M.Oくん 
ギロック(William L. Gillock) :アルゼンチン、ガボット
グローバー (David Carr Glover):くるみわり →終曲へ


 和音がきっちりと揃って前に出ていて、まさに演奏会冒頭を飾るにふさわしい明快な演奏でした。曲の性格分けもはっきりしていて清々しかったです。そして、「アルゼンチン」は、後に登場するピアソラのオブリヴィオンへ、「ガボット」はマリーの金婚式(実質的にガボットの曲ですへ)、そして「くるみわり」は言うまでもなくフィナーレのチャイコフスキー「くるみ割り人形」へとつながってゆきます。つまりは冒頭の三曲でこの演奏会の流れを暗示してしまっている訳ですね。




Y.Sさん
小森昭宏:矢車草のワルツ


 こういう第一人者が作るシンプルながら味わい深いメロディーのピアノの作品があるのはいいことですね。Y.Sさんも曲想をよくとらえて弾いていてとてもよかったです。小森昭宏と言えば、私の中では勇者ライディーンの人なのですが、人によっては「げんこつやまのたぬきさん」「いとまきのうた」の方がピンとくるかもしれません。世代は全く違えども、後の轟千尋さんの曲の幅広さに通じるものがあります。




N.M&ユング ご夫妻
ギロック:歩道のカフェテラス


 練習時間が取れなったと言いつつも、前回の演奏よりもテンポの揺れとその二人の駆け引きが絶妙で、やはり連弾と言うのは「阿吽の呼吸」だなあと益々痛感しました。ピアノで合わせなくても、普段の生活のリズムがにじみ出る演奏だったと思います。ワルツの三拍目のアクセントも非常に効果的でした。そして、阿吽の呼吸と言えば、後にTさん親子が再現してくれることになります。




H.Sさん
バイエル (Ferdinand Bayer):ピアノのおけいこ


 生演奏でこの曲を聴いたのはたぶん何十年ぶりなので、懐かしさと同時にその愛らしさについほっこりした気持ちになりました。同時に隣で聴いていた水本桂さんが「これやったなあ」としみじみしているのを見て、ある世代以上の日本のピアノ学習者にとっては血の一部みたいなものかもとも思ったりしました。習っている当時は古典派時代の人かなとなんとなく感じていたのですが、このバイエルと言う人、なんと次に続くショパンとほぼ同時代人である事を大人になってから知った時の衝撃はなかなかのものでした。




K.Sさん
ショパン (Fryderyk Franciszek Chopin):ノクターン20番 嬰ハ短調 遺作


 ということで、第1部(第1楽章)の「要」とも言える、K.Sさんの安定のショパン。感傷的過ぎず、かといって尖った解釈でもなく、ほっと一息つけるようなショパンでした。人生に絶対はないとは言え、すべてが不確定だとやはり困ってしまいます。やはり、K.Sさん的などこか安心できる「島」のような存在は必要だと改めて思いました。なお、このノクターン、バイエルの教則本が出版される20年も前に作られた作品です。ショパンがいかに当時の最先端(というか未来)であったかがわかります。

 音楽と関係ないですが、K.Sさん自作のマドレーヌはいつも絶品で、今年はあの熊クッキーも凄かったです。形を崩さずによくああいう風に焼き上げられるものだなと感嘆しました。普通に焼けば想定以上に膨らみ肥満体になるのが常だと思うので。いつも、ありがとうございます。ごちそうさま。





K.Mくん 
アメリカ民謡:雪山賛歌 (エレキギター弾き語り)


 いきなりエレキギター弾き始めたので驚きました。ユングさんが「コード2つしかない」と卑下していましたが、それを言ったら私の曲もコードは二つしかない訳で(というか雪山賛歌のコード3つ必要なような気がしないでもない)。この曲、個人的には「荒野の決闘の主題歌」か「むさくるしい大学山岳部」のイメージしかなかったので、K.Mくんの淡々とした熱唱(矛盾した言い方ですが)が物凄く新鮮でした。

 荒野の決闘の主題歌(というかアメリカ民謡)がなぜ日本で雪山賛歌になったのかと言えば、戦前の京大山岳部の人が山小屋で足止めをくらっている時に暇つぶしに山岳部らしい歌詞をつけたと言われています。第2部の最後に歌われる「都ぞ弥生」も、成立過程は多少違うものの、学生が作詞作曲したと言う事では共通で、ある集団の連帯感をたかめるために昔は歌が自然発生的に作られていた事が実感できます。




M.Kさん
久石譲:海の見える街 「魔女の宅急便」より


 毎年、久石譲ジブリ作品が登場する訳ですが、有名な曲もそうでない曲も本当にうまく作られた曲たちだなあと最近、改めて思う事が多くなりました。この「海の見える街」も何気ないメロディーなのですが、右手と左手とで密かにカノン風の呼応があったり、音型の鏡像があったりと結構凝った作りになっています。でも、そんな面倒な事を考えなくても、M.Kさんのように素直に弾くだけで楽しく音楽ができるようになっているのは、凄いです。ということで、M.Kさんの演奏、この作品の良さを改めて実感できるものでした。ありがとうございます。で、カノンと言えばパッヘルベル。で、次に続きます。






S.Iさん
パッヘルベル (Johann Pachelbel):カノン


 「音楽を聴く際に音楽以外のエピソードを頭に入れない方が先入観なしに音楽そのものに没頭できる」と私は感じる事が多いのですが、S.Iさんの「この曲を自分で弾きたい」と思うに至った合衆国時代のエピソードは、やはり今回の演奏を聴くにあたって納得の内容のように思いました。多くは語られなかったけれども、「いつかは正式な楽譜で満足のゆく演奏ができるようになりたい」という一言からも、この曲がS.Iさんの人生のかなり重要な位置を占めているように感じました。と言う事で「こういう音楽にしたい」という方向性のはっきりした未来志向の演奏だったと思います。いろいろと積み上げてゆくのにこの曲ほどそういった目標に適した作品 もないでしょう。これからどのように変わってゆくのか楽しみです。

 そして、バッソオスティナート(同じパターンで繰り返される低音部の音型)に装飾されるこの曲の構成は、曲調こそ違うものの、飛び入りのK.TくんのBlackStoneへとつながってゆきます。




K.Mさん
ハチャトゥリアン (Aram Il’itch Khachaturian):昔のお話 「少年時代の画集」より


 「昔のお話」という題名の印象と実際の音楽の印象とが少々食い違った人も多いのではと思います。原題は「Legend」で素直に訳せば「伝説」です。伝説と聞けば、何か神秘的な情景が浮かんできて、少し納得できるのではないでしょうか。K.Mさん自身のコメントもなかなか示唆に富んでいて、「いつの間にか大人になったなあ」と感慨深く思った人もいたかもしれませんが、彼女ももう十代中盤にさしかかっている訳で自分の内面を言葉にする事もできるようになっても不思議ではありません。というか、内面世界が広がるような経験を(主に学校生活で)日々様々に重ねているのかなと想像しました。そう言いう訳で、K.Mさんの演奏は去年とは全く違い、音を出す 喜びから音でイメージする段階に入っているように感じました。そして、その初々しい感性は次の飛び入り演奏者へとつながります。




*K.Tくん
クラーク (Chris Clark):Black Stone
加藤浩義:Eternity 「消滅都市」から


 Eternityの方の作曲者・出典はあくまで冒頭のコード進行からの個人的な推測です。間違っていたら申し訳なし。演奏者本人に尋ねたところ、どちらも耳コピだそうです。というか、耳コピという言い方は矮小化している気もするので「譜面に依らない彼自身による音の伝承」と言った方がいいかもしれません。K.Tくんの内面に最も寄り添った音楽が外から入って来て、それが彼の中で再構成されて、彼自身の手から再び外へ溢れ出たものと想像します。この前に演奏された「昔のお話(伝説)」と通じるものがあります。彼自身の内面と奏でられる音楽はおそらくは完全にシンクロしているので、内面のゆらぎがあると演奏自体も揺らぐのかなあと憶測しました 。彼自身から湧き出ずる感興の瞬間に音楽が生まれると言う意味で、非常にスリリングで彼の今の年齢だからこそ立ち現われてくる「絵になる」音楽でした。

 なお、どちらも定められたコード進行を繰り返してゆくという構成ですので、後のフィリップ・グラスの「オープニング」へとつながってゆく楽曲でもありました。コード進行も現代的でグラスと多少似たところがあります。




*A.Jさん
杉本竜一:BELIEVE (ピアノ伴奏・合唱)


 さらに飛び入りで合唱できる曲が入ったのが非常によかったです。さっと伴奏できる人の登場がいいですねえ。第1部を締めくくるのにも実はぴったりであるというのは、Y.O君の采配のなせる技でしょうか。卒業式シーズンや校内合唱コンクールでよく歌われる曲ではありますが「皆で歌える曲」が減っている昨今、貴重な作品です。そして、歌詞を深読みすると(あまりに妄想が激しいかもしれませんが)、後でJunちゃんがやる「ラブソングはとまらないよ」の歌詞内容にそって思いきって告白して失恋してしまって、そんな傷心な人への応援ソング(しかも、それまで意識してなかった人からの)とも解釈できます。人生、楽ありゃ苦もあるさ。







2楽章 Comodo capriccioso(気楽に気まぐれに)


I.Kさん
ショパン:前奏曲 作品28‐15 「雨だれ」


 「最初のキーを忘れる」というのは絶対音感のない人には共通の恐怖で、弾き始めて「あれ?」となって、音色で弾きこんだ作品であるほどに混乱してしまうものです。と言う話を絶対音感のある人に話したら「絶対音感があっても最初のキーを間違えればパニックになるのは同じ」と言われて、わかったようなわからないような気分になりました。熟練したピアニストにもなると、どんな曲でもすべての調に移調して咄嗟に弾けるそうで、そこまでいくと脳と指にAIを仕込んでいるとしか思えません。

 とはいえ、最初の躓きを過ぎれば、やはり時間をかけて弾きこんだI.Kさんの佇まいの演奏として落ち着いて堪能できました。やはり中間部のバスの響かせ方が独特でいいです。そして、ひっそりと消え入るような終わり方も大人な感じでした。

 さて「最初のキーを忘れる」のでなく「最初のキーの場所がずれる」と言う現象が起こりうる事を私はこの演奏会で知りました。それは後で飛び入り再登場するS.Iさんが語ることになります。




M.Kさん
久石譲:君を乗せて 「天空の城ラピュタ」から


 「とにかくピアノで表現させて」という想いが溢れた非常に素直で綺麗な演奏でした。その姿勢は本番の演奏以外の時でもずっと維持されているので、大したものだなあと思いました。予定されていた歌が諸般の事情により急遽なくなった事もあり、余計に表現欲がわき上がったのでしょうか。せっかくですから、もう一つくらい、想いを伝える音楽があった方がよかったかもしれませんね。

 なお、久石譲は実はミニマリズムの作曲家でもあります。ミニマリズムが何かは後のグラスのところで。




*NANA.Tさん
シューベルト (Franz Peter Schubert):即興曲 作品142-3


 ダブルNANAさん、急遽デュオ・リサイタルが挿入された感じで、曲の組み合わせも非常に自然な流れでした。まずはN.TさんのOp142-3。即興曲と言いつつ実質的には変奏曲な曲ですが、それこそ「即興風」の変奏の性格分けが案外と難しく、バリバリと直球で弾き続けると耳にもたれる演奏になりがちです。その辺、NANAさんは非常に巧みなバランスで各変奏のキャラを弾き分けて曲全体を構成していました。意識したのか分かりませんが、コーダのやや溜め気味のリタルダンドも次に控える演奏会用アレグロにつなげる上で効果的だと思いました。




*NANA.Kさん
グラナドス (Enrique Granados:演奏会用アレグロ 


 変ロ長調から一気に嬰ハ長調へ!この曲、挑戦する人は結構いるのですが、ここまで明晰に曇りなく弾ききるのは容易ではありません。しかも単純な超絶技巧な曲ではなく、ショパンの要素を多分に含みつつ、ドビュッシーへの橋渡し的な斬新な和声も含み、さらには民族色も入って明快さと複雑さが同居したようなモザイクタイルのような様相を持つ難曲です(反面、譜面の指示通りにちゃんと弾けば最大限の演奏効果が出るように音響設計されています)。最後の、チャイコフスキーのくるみ割り人形のピアノ編曲もまた正式名称は「演奏会用組曲」。つまりは、演奏会用アレグロと似た目的を持った曲なのです。

 ともあれ、ここで一旦休憩としてもよいくらいのダブルNANAさんの熱演でした。
 思い返してみれば、二人は、曲の内容からしても水本桂さんのフィナーレを予感させるうえで効果的かつ刺激的な飛び入り参加だったと思います。




S.Mさん
轟千尋:雨上がりの朝


 曲の性質もあるのかもしれませんが、いつも以上に癒される演奏でした。音色がより優しくなった気がします。先に登場した小森昭宏とは違った抒情性があり、かつ近代的な部分もあるいい曲ですね。ユング家のYくんが演奏会不在となった今回の演奏会、S.Mさんにはできればピアノ続けていってほしいです。というか、Yくん、マイクラばかりやってないで、どういう形でもいいので来年は演奏会に復活してください。




M.Oさん
ショパン:即興曲 作品29 →交響的練習曲と同時期
シューマン (Robert Alexander Schumann):作品68-13 愛しい5月よ  「ユーゲントアルバム」より 
シューマン(リスト編曲):献呈 


 今年はなかなかに渋い選曲でした。それぞれの曲の持ち味を落ち着いて表現していて、3部の後半へ続くロマン派の王道を明確に提示してくれたと思います。ショパンの即興曲1番は、パッセージこそ即興的に聞こえますが、ほぼ小規模なソナタ形式を見てもおかしくないくらいに構成は非常にきっちりしていて即興とは全く名ばかりの作品ですが、雰囲気に流れることなくしっかりと形式感を維持しながら弾いていました。さすがですね。シューマンの方が楽想の気ままさから「即興的」と言えるかもしれません。ユーゲントアルバムの5月はややゆったりしたテンポでシューマンの春の喜びを上手く表現していたと思います。ただし、リスト編曲の献呈となると 、いつものM.Oさんのダイナミックさが出てきて聴きごたえがありました。

 なお、演奏会当日の7月29日はなんとシューマンの命日です。「だから何」と言われそうですが、今回はシューマンの曲が三つもあって、ある種の縁を感じます。そして、ショパンの即興曲1番が作られた頃、シューマンはクララと出会い結婚への道程を歩み始めた時で、後に演奏される交響的練習曲もその頃に作られています。さらには、「献呈」はリッケルトの詩ではあるものの歌詞内容は実質的にクララへ向けたものである事は明らかで、シューマンは「ラブソングがとまらないよ」状態だったことが伺えます。さらにいうと、ユーゲントアルバムはシューマンの長女のマリー7歳の誕生日のために作られ、結果的に何人もいた子どもたちの教材となったで しょう。そして、娘の一人、三女ユーリエはブラームスから想いを寄せられる事になります。




M.O
フィリップ・グラス (Philipe Glass):オープニング
M.O:間奏曲


 今回、ほぼ18年ぶりにピアノ演奏を再開した訳ですが「昔取った杵柄」という諺が全く当てにならない事を実感しています。まあ元々「貧しい杵柄」しかなかったという話もあり、「年寄りの冷や水」のリアリティをかみしめる日々です。元々、北大ピアノクラブの頃は私が最年長者であり、北大ピアノクラブ出身者の中では今でも私が最年長者な訳ですが、「年長者がこんな体たらくでいいのか」というご批判もありましょうが「年の功」ということでご了承願いたいと思います。実際、昔に比べると「演奏の誤魔化し方」が上手くなったような気がして、年の功の実情を微かに感じているところです。

 グラスのオープニングですが、「いったいいつ曲が始まるのか」と思った人も多かったでしょう。でも、お聴きになった通り、これが延々と続く曲なのです。このように同じフレーズが繰り返し続いていく音楽様式を「ミニマリズム」と言います。そして、グラスは現代アメリカを代表するミニマリズムの体現者です(本人は、既に「私はミニマリストではない」と言っていますが)。けんとくんの弾いた「BlackStone」も実質的にはその流れに入るかと思います。そして、先に書いたように、久石譲も商業音楽以外ではミニマリズムに回帰した作品を作っています。

 間奏曲は初めて記譜した旋律に二つの分散和音(A♭majorとD#minor)をつけただけの断片です。そして、旋律がドリアンスケール(E♭‐F‐G♭‐A♭‐B♭‐C‐D♭‐E♭’)から外れなければこの二つの和音でいくらでも続けられると言う、ある種の誘眠効果の高い様式となっています。

 なお、フィリップ・グラスは合衆国の音楽学校を出た後フランスへ留学し、ナディア・ブーランジェという名教師に作曲を師事します。そして、グラスがパリに留学する数年前、それなり歳を食った男がナディア・ブーランジェの門をたたきました。アルゼンチンからやって来たその男の名前は、後に「タンゴの革新者」とも呼ばれるアストル・ピアソラです。




I.K&S.Kご夫妻
ピアソラ(山本京子編曲)(Astor Piazzolla):オブリヴィオン


 個人的に非常に好きな曲なので、お二人の演奏を楽しみにしていました。きっちりとしたミロンガのリズムと切々と歌う旋律が見事に融合し、連弾の良さが出ていて素晴らしかったです。旋律だけ単純に追うと、まるで昼メロのテーマみたいなのですが、抑制された溜めとミロンガ特有の3:3:2のリズム分割が深い味わいを醸してゆきます。

 もともとは「エンリコ4世」と言う「自分が王様であるという妄想にとりつかれた男の物語」の映画音楽なのですが、名曲すぎるのでオブリヴィオン単独で演奏される事が多いですね。オブリヴィオンは「忘却」という意味で、何を忘却しているかと言えば、映画においては「妄想男の本来の自分」ということです。妄想男本人は忘れている事に気付かないので、つまりは「周囲がその妄想男の妄想に付き合いつつ彼を憐れむ」という結構屈折したトーンの音楽なのです。そんな男も、本来の自分、原点を思い出させる「音楽」を持っていれば、救われたかもしれません。例えば、悩みも多い熱き青春時代に皆で歌った「寮歌」のようなものがあったら、どうだった でしょう。ということで、次に続きます。




S.M&ユング&*Junちゃん
赤木顕次・作曲、横山芳介・作詞 北海道大学恵迪寮歌「都ぞ弥生」


 ハーモニカ2つ、ピアノ伴奏、そして合唱。蛮カラなガナリ声で聴く事の多かったこの「都ぞ弥生」をこうも抒情的に感慨深く聴く時がくるとは全く想像していませんでした。これもまた、ユング家の縁ですね。

 ハーモニカは大音量がでない分、細やかな心情をストレートに出しやすい楽器と思うのですが、それが本当にこの歌に合っていました。さらには、当日即興とは思えないJunちゃんのピアノ伴奏もいい塩梅の節度を維持して、情緒に溺れてグダグダになりがちな寮歌をそっと引き締めておりました。

 歌詞も改めて読むと信じがたいくらいに名作です。当時の学生の素養の深さと並はずれた才能にただ感嘆です。この寮歌が作られたのは100年以上前。ドビュッシーの前奏曲第二巻が出版された頃です。日本が国際社会の中でどう伍してゆくかまだまだ未知数な時代。いずれは国の方向をかじ取りすることを期待されていた当時の青年たちが、都から未開の大地に降り立った時の想いはどのようなものだったでしょうか。残念ながら、現代の私たちにとっては、その時の彼らの「本当の心情」というものは、とうの昔に「忘却(オブリヴィオン)」されたものでしょう。しかし、こうして「音楽」としてその「彼らの想いの残渣」は保存されているのだなあとしみ じみ思いました。






3楽章 Moderato devote (程良い速さで祈りを込めて)


Y.Oくん
フランク (Cesar Franck):前奏曲 Op18 「前奏曲とフーガ、変奏曲」 


 この曲、Y.Oくんのように平常心を維持して弾く人はまずいないので、非常に心地よい響きを味わせてもらいました。曲想がいかにも雰囲気に耽溺することを誘導する種類のものなので(ワーグナー信者のフランクは結構、そう言うのが多い)、原曲のオルガンの明瞭な響きを想起させる演奏はなかなかないのです。もちろん、耽美的なピアノ演奏も悪くはないのですが、こうした高原のそよ風のような清澄な演奏もいいのです。

 なお、フランクが会長を務めていたフランスの国民音楽協会の演奏会の指揮者を務めていたのが、後に登場する「金婚式」のガブリエル・マリーです。


*Junちゃん
水野良樹(作詞作曲・北原潤郎編曲):ラブソングはとまらないよ


 会場に現れた時は「ピアノ全然弾いてないし、飛び入りなんて、、」と言っていたJunちゃんですが、都ぞ弥生の伴奏を急遽依頼された流れとして「弾きたい」気持ちが芽吹いたのでしょうか。Junちゃん単独での演奏になりました。この曲、今回の私の妄想ではBLIEVEの前日譚。気になる相手にまだ告白してない脳内完結の時期の歌です。それにしても、普段は全くピアノを弾いてない生活で、よく即興でこれだけ曲としてまとめる事ができるものだなあと改めて感心しました。同時に私のような年寄りにはこの曲の歌詞がけっこう青々しくて気恥かしいので、そういう意味でもJunちゃんの剛毅な所は未だに健在だなと思いました。




A.Oくん
ヴィヴァルディ (Antonio Lucio Vivaldi):ヴァイオリン協奏曲 イ短調 RV356


 簡易版かと思っていたら、あれよあれよという間に、ほぼ原曲通りに堂々と一楽章すべて弾いてしまってびっくりでした。これだけまとまった楽曲になると、ぼんやりとでも自分なりのドラマ作らないと曲としてまとまらない訳ですが、そういった点で聴いても非常に説得力のある生命力あふれる演奏でした。今後さらに研鑽を積んでいくとどこまでいくのか非常に楽しみです。そして、A.Oくんの演奏が楷書のような端正な演奏だとすれば、後に登場するア―ロンくんは草書体のような変幻自在なスタイルで新くんと対をなすことになります。




*S.Iさん
ウイナー (Joseph Eastburn Winner):茶色の小瓶 


 「音楽を聴く際に音楽以外のエピソードを頭に入れない方が先入観なしに音楽そのものに没頭できる」と私は感じる事が多いのですが、先の「カノン」のようにエピソードによって演奏への理解が深まる事もあります。しかし、やはり「座る位置がずれたので弾く鍵盤の位置もずれた」のエピソードがあまりに強烈すぎて、演奏を聴くにあたって「リベンジなるか!」と非常に緊張してしまいました。最初の一音の鋭角的な響きも、その緊張をさらに増強させるのに十分なインパクトがありました。が、曲が進むにつれ、音楽そのものは完全にS.Iさんの自家薬籠中なものになっているとわかってきました。お見事です。カノンの方も、いっそのことジャズバージョ ンの編曲も挑戦してみる価値があるのではないかなとも思いました。




N.T&*K.T親子
アンジェラ・アキ:手紙


 前にN.Tさんの熱唱で「手紙」聴いた時は歌詞も含めて「息子さんの事を本当に想っているんだなあ」と感動した訳ですが、今回は途中からそのK.Tくん本人が加わってサプライズでした。K.Tくんのその登場の仕方があまりに、本当にあまりに自然で、さらには曲の進行にあわせた立ち位置の変化や表情の変え方など「ミュージカルかよ!」と心の中でつっこんでしまいました。いやあ、いいものを見せてもらいました。眼福とはこのことであります。

 そして、この二人の熱唱デュオは、まさに演奏会のフィナーレを飾るチャイコフスキーのくるみ割り人形のクライマックスのパ・ド・デゥ(Pas de deux)を彷彿とさせるものでした。そして、手紙は何も母から息子ばかりのものでもありせん。例えば、ブラームスからクララ・シューマンへの音の手紙が次の曲になります。




ユングさん
ブラームス (Johannes Brahms):間奏曲 作品117-1 


 すでにユングさんのテーマ曲であると同時に、ユングさんの人生の軌跡が刻みこまれた作品となりつつあります。6年前に聴いた時、震災直後だったこともあり、音信の途絶えていたそれぞれの人生を感じました。そして、歳月が流れ、小さかった子供たちがいつのまにか声変わりし、今年もまた6年前とは違った趣のブラームスとなりました。きっと、また時間が経ってみるとまた違った境地に至り、さらなる深みを湛えた演奏になることでしょう。

 ブラームスの後期のピアノ作品は年老いたクララ・シューマンへの彼の個人的な想いを音に託したものです。これは妄想でなく、実際にブラームスは彼女に曲を送り、クララも頻繁にこの曲集を演奏し、曲についてのコメントの入ったかなりの数の書簡も残っています。つまりは、ブラームスにとっては後期のピアノ作品はクララへの音の手紙だった事は間違いありません。




M.Mさん
シューマン:交響的練習曲 作品13 より抜粋 


 「よくもまあこれだけ壮大な曲を弾くものだ」と演奏を聴く前から感嘆し、そしてその実際の演奏は実直かつ端正で、難曲である事を意識させない自然体な音楽が響きわたった素晴らしいものでした。抜粋と言え、重要な変奏はほぼ入れており、最終変奏を聴き終わった直後は、「本当によく弾き切ったなあ」と非常に充足した気持ちになりました。変奏ごとの各声部の処理などは相変わらずうまいですね。

 この曲は主題こそ昔の恋人由来でありますが、シューマンのクララへの想いが確かなものになる中で、やはり当時の天才ピアニストであるクララに弾いてもらう事を想定して極めて充足した革新的な内容(言い方を変えれば弾くのが大変)へと発展させてゆきました。この超難曲、クララだからこそ弾けたという側面もあり、まさにシューマンからクララへの挑戦状と言う事もできます。同じ変奏曲でも、シューベルトの即興曲Op132-3の変奏からすると隔絶の感がありますね。これこそまさにロマン派ど真ん中の作品です。






4楽章 Andante gran gusto (大らかな味わいで豊かにゆったりと)



水本ア―ロンくん
マリー (Jean Gabriel Marie):金婚式
クレバノフ (Herman Clebanoff):百万長者のホーダウン


 サッカー選手の子供時代の話などを聞くと、寝る時まで肌身離さずずっとサッカーボールと過ごしていて、ボールが身体の一部みたいになるような事が良く語られます。ア―ロン君の場合、それのヴァイオリン版と言う印象を受けました。ヴァイオリンがずっと側にあるかはわかりませんが、既にヴァイオリンと音楽が自分の身体の一部になっている感じです。曲がどうこう以前に、さっといつでもどういう形であっても自分の音楽を取りだせる。無論、テクニカルな障壁はまだまだあるでしょうが、彼の音楽に対する自在さはずば抜けていて、「いかようにも表現いたしますよ」と言う余裕さえ感じさせます。

 マリーの金婚式、しばしばヴァイオリンの発表会で聴かれる曲ではありますが、ア―ロンくんのような饒舌な演奏にはなかなか出合えません。さらにはクレバノフの百万長者のホーダウン、いわゆる合衆国のカントリーミュージックな訳で、かっちりと機械的に弾いても様にならない作品です。ア―ロン君、当然そこは思いきり即興性を全開にして桂さんの伴奏を振り切りつつ伸縮自在に曲を最後のオチに向けて盛り上げてゆきました。ほとんど「大草原の小さな家」の「父さんのヴァリオリン」のノリでしたね。というか、ア―ロン君、もう既に立派な音楽家の顔になっていました。

 なお、作曲者のクレバノフはギロックと生年が同じ。そして、二人とも今年が生誕百周年。さらには、二人は茶色の小瓶のウイナーとちょうど入れ替わりの世代でもあり、三人ともアメリカ合衆国の作曲家です。




水本桂さん
シューベルト:即興曲 作品90-3
ドビュッシー (Claude Achille Debussy):月の光 ベルガマスク組曲より
チャイコフスキー (Peter Ilyich Tchaikovsky) (プレトニョフ編曲):アンダンテ・マエストーソ バレエ音楽 「くるみ割り人形」より


 室内楽をより多くやるようになったせいなのか、音を凝縮させてゆくような切り詰まった桂さんの従来の演奏スタイルは徐々に影をひそめているように感じました。その変化を言葉にするのは難しいものの、あえて言うなら「音楽がダイレクトに刺さって来るのでなく、遠赤外線のように空間に広がってゆく音像の感覚」といってわかるでしょうか。何を言ってるのかわかりませんね。自分で書いててわかりません。すいません。ともあれ、以前とは変わっていると言いたい訳です。

たまたまそう言う風に感じる曲目なのかなとも思いましたが、どうもそれだけではないようです。例えば、私個人の感覚では、ピアノ音楽におけるシューベルトほど捉えどころのない作曲家はいなくて「合奏する楽器が揃わないから、ピアノに押し込めただけだろう」という作品が結構あるように感じています。即興曲Op90-3もその有力候補の一つで、終始続くアルペジオは基本、弦の持続音の代行ではないかと疑いたくもなります。実際、この曲、ピアノで平板に弾くと結構退屈します。かといってドラマチックに強弱をつけて弾けばいいっていうものでもなくて、やはり音色の重層化を丁寧にやっていかないとこの曲の本当の良さは出て来ないように思う訳です( あくまで個人の感想です)。で、今回の桂さんの演奏、本来であれば聴こえて来ないような声部がなんとなく遠くから聴こえてくるような錯覚を引き起こす、不思議な演奏でした。そういった感覚はこれまでの彼女の演奏では聴かれなかったものです。前は、もっとスパッと人の心に切りこんでくるというか、そんな感じだったのです。

 ドビュッシーの月の光についても桂さんの演奏によって「こういう曲だったのか!」と改めて視界が開けた人も多かったのではないでしょうか。単に音色が綺麗とか、完璧なテクニックで曖昧さが無いとか、そう言う事でなくてもっと違う次元でこれまで聴いた事のないような音像が幾重にも会場に満たされたと思います。以前であればもう少し明晰な部分を残してくっきりした演奏スタイルだったと思うのですが(そもそもドビュッシーを弾いてなかったと思いますが)、誤解を恐れずに言えば、今回は小編成のオーケストラが合奏しているような響きがイメージとして立ち上って来るようでした。独奏なのに独奏ではないのです。

 そして最後のチャイコフスキー=プレトニョフのくるみ割り人形。この編曲はまさに桂さんのためにあるようなものですね。この編曲、テクニックに任せてガチャガチャ弾いても駄目で、やはり辛抱強く長いブレスの歌をつなげ、全体の中の情感のピークを息切れすることなく保持する「精神的な体力」が必要な作品です。プレトニョフの編曲が良く出来ている事もあって、桂さんの演奏中のテンションくらいになると、自然とピアノからフルオーケストラの音色が空耳で聴こえてきます。

 桂さんは「皆の演奏を聴く事で新鮮な気持ちで音楽の力を吸収できる。最後にその皆の想いを自分の演奏で昇華させたい」という風な事を言っていましたが、フィナーレを飾るこのチャイコフスキーほど、桂さんのその熱い想いを体現するものはなかったのではないでしょうか。まさに演奏会の大団円。「有終の美を飾る」という言葉がこれほどぴったりくる演奏もなかったと思います。







以上、妄想、こじつけを多分に含んだ、極めて充足した今年のアフタヌーンピアノンノの感想でした。


ここまで==========================================


音楽への深い造詣と演奏者へのあたたかな眼差しにあふれた、読んでいるとやる気が出てくる、本当に素敵な所感です。本当にこれ書くの大変だったと思います。感謝しかありません。M.Oさん、ありがとうございます!!





AFTERNOON PIANONNO 2017 ご参加御礼

7月29日、アフタヌーン・ピアノンノ2017、盛況のうちに無事終わりました。今は泊まりの友達を見送り、言いようのない虚脱感に襲われております。

夢のようなひとときでした。皆様の「聞かせたい」「聴きたい」という思いが連なった素敵な織物のような演奏会になりました。

色々と縁の下でこの演奏会を支えてくださった皆様にまずは御礼申し上げます。プログラムを組み、さらに飛び入りに柔軟に対応してくださったOさんご夫妻さま、ありがとうございました。音響関連すべてまとめてくださったI.Kさん、ありがとうございました。写真を撮り続けてくれたヒデヒロくん、ありがとうございました。プロ顔負けのスイーツで皆様の心をほんわかさせてくださったK.Sさん、ありがとうございました。コーヒーメーカーを調達いただいたI.Kさん、いろいろありがとうございました。素敵な影絵の看板を作ってくださったM.Mさん、K.Mちゃん、ありがとうございました。その他、陰に日向にいろいろと全体を見て補佐してくださっていた皆様、ありがとうございました。

そしてご参加いただいた皆様、遠くから本当に遠くから来てくださった皆様、ありがとうございました。


詳細な様子は追って所感等でお伝えしたいと思います。取り急ぎ、御礼まで。



2016年8月10日水曜日

福島のM.Oさん渾身の所感!今年もこれで締めくくりです!!!

毎年素敵な所感を寄せてくださっている福島のM.Oさんが、今年も渾身の所感を送ってくださいました!!


毎年、M.Oさんらしい、独特の切り口で音楽を解析してくださる、わかりやすく、しかもウィットに富み読んで面白い文章です。今年は作曲者の年代別に並べてくださいました。


実は、M.Oさんのこの所感が、アフタヌーン・ピアノンノにとっての本当の「トリ」とも言えます。それくらい、私は楽しみにしています。


そんなわけで、いつもように、いただいた所感のうちお名前をイニシャルにして、転載させていただきます。




ここから ##################################################################################################



こんにちは。
随分間が空きました。


今年はいつも以上に、こうして皆が集まって音楽をする事の希少さ、もっと言えば「奇跡」を強く感じました。

特に小さい子供たちが懸命に鍵盤に向かい、打楽器に興じている様を見ているだけで、その音楽というよりも、その音楽ができる状況そのものに涙が出そうになる事もしばしば。歳のせいと言えばそれまでですが、まさにテロが頻発する現場に住まう桂さん、あるいはインドネシアに旅立つビデオ出演のNさん一家の事を思えば、単なる私個人の感傷ではないのかなと思います。

テロや紛争に限らず、日本の場合、大きな地震や天災もどこでいつ起きるかわからない。さらには原発に限らず近代的で複雑な巨大施設やシステムがどこで破綻するかもわからない。



そんな心持のままシン・ゴジラを見てしまったので、もうピアノンノでの感情がさらに補強されてしまった感じで、音楽それぞれについて細かな事を書くのが難しくなりました。ということで、それぞれ演奏については「印象」だけを備忘録的に記しておきたいと思います。今回は、作曲者の若い順に書いていきますね。


生まれ順に並べると、違う曲なのにやはり世代ごとの雰囲気と言うか特徴が出てきて面白いです。






;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;






●元ちとせ(1979-)   ハミングバード
Greeeen(ほぼ1980-) キセキ

どちらも両Kさん一家の音楽を愛する本当に本当に楽しい合奏でした。毎年、子供たちの成長を見て胸の内で涙しています。
アフタヌーンピアノンノの雰囲気というかムードは、間違いなくKさん一家が作っていると思います。特に今年はそれを感じました。
なお、Greeeenは、歯医者さん4人組の音楽グループなので、eが四つです。





●クリスティン・アンダーソン&ロバート・ロペス(ほぼ1975-) Let it go
黒須克彦(1978-) 夢をかなえてドラえもん

奇しくもどちらもアニメの歌。ついでにいうと、どちらも売れっ子作曲家です。
一昨年のピアノンノに Let it goラッシュがあった訳ですが、本当に女子に愛されている楽曲なんだだなあH.Kちゃんの自分の音楽となった演奏を聴きながら思いました。
最後の大合奏の夢をかなえてドラえもんも、子供たちの自発的かつ素晴らしい即興にもうただ感無量です。





●葉加瀬太郎(1968-) 情熱大陸
ビデオによる演奏との合奏は本当によく考えたなあと思いました。確かにビデオを見ているだけだと、何か「記録映像」みたいになってしまいますからね。まあ、記録映像には違いないんですが、それぞれの想いを分かりやすく表に出そうと思ったら、ビデオと合奏と言う風になるでしょうね。そして、予習で見て、本番と言う流れもよかったです。ともあれ、映像の中であっても、Nさん一家の元気な姿を見られたので、これまた感無量なり。無論、S.Kさん&Y.Nさんの演奏も去年にルパン三世に引き続き、スリリングで素晴らしかったです。





●新井満(1946-) 千の風になって
小森昭宏(1931-2016) いとまきのうた

ユングさんの絶唱を聴けたのも今回の大きな収穫でした。それも「千の風になって」というのがいい。発声方法とかブレスの問題とかいろいろ課題はあるにせよ、この歌の持つ音楽性を最大限表現していたと思います。歌というのは、上手くなると、上手く歌う事に主眼が置かれるようになって、自己陶酔な音楽になる危険性を常に はらんでいるのですが、今現在のユングさんの場合、とにかくこう歌いたいというのが前面に出ていてよかったです。

小森昭宏さんは、新井さんと同年代 と言う訳でもないですが、戦前と戦後でこうも作風が違うと言う事を「いとまきのうた」を聴くと痛感します。作曲者が違えば当然だろうと思うかもしれませんが、やはり生まれ育った空気と言うのは、生涯ついて離れないものなのですよ。そして、小森さんは今年の6月に亡くなっております。こういう曲をY.Kちゃんが弾くというその事実だけで、私にとっては充分です。作曲者はいなくなっても、作品はこうして子供にひきつがれてゆく。





●シャーマン兄弟(1925-2002) チム・チム・チェリー
エンリコ・モリコーネ(1928-)ニューシネマ・パラダイス

チム・チム・チェリーは言うまでもなく、アニメでないディズニー映画「メリー・ポピンズ」の中の煙突掃除の楽曲。とにかく子供が弾いて歌ってこそ光る音楽というのがあって、この曲はまさにそれ。ということを今回も痛感しました。どのような経緯があるにせよ、この歳でこの曲を人前で弾いたと言う事自体が、M.Gちゃんにとっての財産になると私は思います。

ニューシネマ・パラダイス、いいですよね。映画も音楽も。モリコーネさん、やはりシャーマン兄弟と同年代なんですよ。この世代の作曲家って、本当にメロディーメーカーが多くて(「ある愛の詩」のフランシス・レイ、「スター・ウオーズ」のジョン・ウイリアムズなど)、ぼんやりとタダ弾いていても様になる事が多いのです。しかし、さすがユングさん、メロディーによりかかることなく、素直にこう表現したいと言う事をきっちりやり通していて、本当に気持ちよく聴く事ができました。





●ウイリアム・ギロック(1917-1993) サラバンド、女王様のメヌエット
平井康三郎(1910-2002) 幻想曲「さくらさくら」

どちらも音楽教育に多大な足跡を残した人です。音楽が一部の特権階級でなくあらゆる人々が享受すべきという二十世紀前半の潮流をギロックはアメリカ合衆国で、平井は日本で体現した人ということなります。ということで、ピアノ学習者には馴染みのあるものが多いのですが、バイエルやブルグミュラーよりは近代的 でバルトークほどは前衛的でない作品群が今も生き残っています。Y.Mくんのサラバンド、音楽と言うより「自分の音」を出すことに傾注していて本当に美しい響きでした。しかし、これだけ繊細な音を出せてしまう彼はこれからどこに向かうのでしょうか。K.Mくんは、やる気があるのかないのか今年もよくわかりませ んでしたが、ユング家で過ごしている以上、音のセンスは着実に伝染している事がよくわかる演奏でした。

C.G君の幻想曲「さくらさくら」は、彼自身 が原点というだけあって、湿っぽい無駄な貯めもなく、非常にダイナミックレンジの広いスケールの大きい演奏でした。全音ピアノピースの一つなのですが、お手本演奏とか、まず駄目なのが多いので、真っ当な音楽的な演奏で聴いたのは今回が初めてで、なかなかよくできた曲だなあと再認識しました。





●リチャード・ロジャース(1902-1979) ドレミの歌
Sさん家とKさん家、両方で選曲された曲ですが、やはりそれぞれの演奏にカラ―が出てきて面白いですね。この曲は、シンプルに一人で弾いてもよし、大人数でポリフォニックに合奏してもよしの非常に優れた楽曲なのですが、今回は両方の面が聴けて楽しかったです。なお、作曲者のロジャースは、ハチャトリアンとほぼ同世代。と聞くとやはり何とはなしに納得してしまうのでした。





●エリック・サティ(1866-1925) ヴェクサシオン
クロード・ドビュッシー(1862-1918) 夢  前奏曲から「カノープ(の壺)」

サティは、たぶん西洋音楽史上初めて「音楽とは何か」と根源的に考えた人でしょう。今日では、ジムノペディとおまえが欲しいが有名になりすぎたので、そういう前衛的な部分は感じる事は少ないでしょうが、Y.O君は、まさにサティの前衛的部分をクローズアップして実演してくれました。ヴェクサシオンは、単純に同じフレーズを繰り返すだけでもいいのです。ミニマル音楽の開祖と言うべき作品なのですが、そこであえて変化を取り入れるために様々な試みを行いました。見ている人は当惑の方が大きかったかもしれませんが、ピアノと言う楽器が普段見慣れたものから、違う音響体に見えてきませんでしたか?そうであれば、Y.O君の試みもやった甲斐があるというものです(ま、そこは当人がどう考えていたかによりますが)。そして、スムーズに同時代の革新者であるドドビュッシーに移行してゆくのはさすがの演出です。カノープの壺の意味を知れば、なおさら洒落ていますね。

一方、N.Mさんの「夢」は、乙女のドビュッシーでした。ドビュッシーとしても、まだ革新者ではない頃の作品です。意外と、リズムの難しい曲で、響きを制御するのも大変かと思うのですが、ほんわかとシフォンケーキのようにまとめていただきました。御馳走さまです。





●ヨハネス・ブラームス(1833-1897) 創作主題による変奏曲
ヘンリ・クレイ・ワーク(1832-1884) 大きな古時計

ブラームスのこの変奏曲、人生を達観したような回想モードの曲のように聴こえますが、実はブラームスがまだ24歳の頃の恋多き時期の作品です。要するに、元々、こういう奴と言う事です。多くの演奏家は、まろやか上質なワインのようにこの曲を演奏するのですが、さすがにM.Mさん、この曲がたった今できたような生々しい刺さる演奏でした。各々の変奏の繰り返しを省いた事も、この曲の秘めた前進性が出していたと思います。桂さんが弾けば、極めてアグレッシブにたぶん別の方向へスッ飛んでしまうと予想されますが、やはりM.Mさんならでは重厚な演奏が聴けて嬉しかったです。

一方の大きな古時計ですが、フォスターと同世代のアメリカの作曲家ワークの作品です。アメリカはまだまだ音楽的には後進国で複雑な交響曲などを作曲できる人はまだまだ少数でした。よって、民謡を参考した歌曲中心の作曲家の天下だった訳ですが、その中でもこの「大きな古時計」は空前の大ヒット作だったようです。それは今でも続く訳ですから凄いですね。そして、この単純なメロディーには、やはりブラームスと同じ時代と言われて納得できる「空気」がありますね。でも、そんな事を考えなくても、Y.Kちゃんの訥々と鍵盤に向かって出てくる音に耳を傾けるだけで充分です。





●フレデリック・ショパン(1810-1849) ワルツ Op18、64-2、69-1  前奏曲   Op28-15
ヨハン・ブルグミュラー(1806-1874) 素直な心、優しく美しく

ショパンについてはいまさらあれこれ言うこともないのですが、ともあれ、楽譜通りに弾けば誰が弾いてもショパンになり、しかもその人それぞれの個性も出ると言う、ある意味、魔法使いのような作曲家です。K.Sさんの弾くワルツ、曲の特性もあるのでしょうけど、「おもてなしのショパン」と言う感じでしたね。誰かのためを思って丁寧にこしらえてくれた感じです。一方、E.Uさんのワルツ2曲は「普段着のショパン」といった感じでした。まあ、これもそういう曲でもあったのですが、小さなサロンで親密な人々が集う中で自然発生的に弾かれているような、そんな感じの演奏でした。実際、ショパンは本来、何百人も入る様な大ホールで聴くような作曲家ではないんですよね。まあ、楽器の発達のおかげで、大音量が出るようになり、今では普通に巨大なホールで演奏されていますが、ふと、そんな事を思い出させてくれました。そして、I.Kさんの前奏曲は「渾身のショパン」。良いと思った曲をとにかく全力で弾くという想いがしっかり伝わってきて、大変初々しかったです。ショパンというのは、同時代の作曲家の中では相当に和声が複雑で、いくらスローテンポでも慣れないと譜読みするのも難儀するものですが、I.Kさん、時間が限られるなか、かなり頑張ったのではないかと推察します。お疲れさまでした。

で、ほぼ同時代の人としてブルグミュラー。子供向けの作品と言えども、ショパンに比べたらこの和声の平明さを実感できるでしょう。まあ、ショパンと同時代の人といっても、意識はベートーベンから抜けられなかった人と言えるでしょうか。と言うか、ショパンが特異的過ぎるだけなんですが。ユング家の突然変異、S.Mちゃんのまっすぐな演奏は、文字通り「素直な心」そのままで、足早になることも、立ち止まる事もほぼなく、中庸な音とテンポですっきりと弾いてくれました。H.Kちゃんの「優しく美しく」もまた、訥々とした語り口でしみじにとしてしまいました。どちらの曲も腕に覚えがあるようになると、サラサラと無音楽に弾きとばされる運命にある曲なのですが、そうはなっていない二人に乾杯です。





●ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) ピアノソナタ Op81a 「告別」
大曲です。そして、ベートーヴェンの作品の中では標題音楽として作曲者自身が記した数少ない例です。標題音楽でありながら、絶対音楽的に非常に密に構成されており同時に、非常にわかりやすい物語性もあり、全曲弾いてもらって正解でした。一楽章だけだとドラマの予告編で終わりだし、終楽章だけだと「なんでそうなった?」という話だし、二楽章だけだと何の話かさっぱりわからないでしょう。一楽章「告別」、二楽章「不在」、終楽章「再会」と言う流れでとらえないと、やはりこの曲は収まりが付きません。

と言うのは簡単で、主題をからめて全楽章あれこれ考え始めると頭がパンクする曲なので、M.Oさん、忙しい中練習して、かつ本番でも本当によく弾き切ったなあというのが一番の感想です。いや、ホントに凄いわ。お疲れさまでした。





●ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750) ガボット(管弦楽組曲3番 BWV1068から)
一応、補足しておくと、去年に弾いたガボットとは違います。今年は大バッハの本格的な曲の編曲。去年は、フランスのオペラ作曲家のアンプロワーズ・トマのガボットです。ともあれ、たったの一年間でのA.Oくんの圧倒的な進歩に驚きました。去年までは「楽器に弾かされている」感がありましたが、今年は「楽器を弾いている」感じになりましたね。ということで、それなりに構成の複雑なバッハのガボットもある程度自在に音楽的に弾きこなしていたのが凄いです。この先は、ヴァイオリンをどういった音楽の「道具」にしてゆくかによってやることは変わって来るでしょう。本格的に正統派の演奏家になるのであれば、つまらなくてももっと「型」と「音色」をきちんと定めていかないと、新たな音楽的課題に立ち向かう時にいずれ限界に突き当たります。そう言う事は抜きにして、ある程度楽しく音楽が出来れば良いというのなら、「型」は気にせずにいろいろな場で武者修行をしてください。センスがあるだけに、いろいろと誘惑もあり、なかなか難しい選択ですけど、どんな形であれ音楽は続けていってほしいですね。




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




と言う事で簡単ですが、こんな感じで今年もあれこれ書いてしまいました。
とにかくこの集まりがある事が「平和」であり「平穏」であるということです。
今年はなぜか特にその事を痛感しました。



ところで、シン・ゴジラ、近年まれにみる傑作なので、是非、映画館でやっているうちにご覧ください。
特に、理系に興味のある方は是非とも!下手すると生涯にわたって影響を受ける映画になるかも。
誰が見ても色々な視点が持てる多面的な作品です。二時間あっというまですよ。




では。





ここまで ##################################################################################################






M.Oさんは、この演奏のDVDを観ているわけではありません。録音もしていません。純粋にその場で聴いた印象を深く刻んで反芻して、これだけのものを書かれています。M.Oさんの所感には、聴こえてくる音楽のその奥底にある真理のようなものに触れて、それを平易な言葉で解説してくださっているので、読んでいて「ああ、そうだったのか」と奏者自身が気づかされます。これを書けるのはやっぱりM.Oさんしかいません。毎年遠くからお越しいただいて、こんなプレゼントをくださるM.Oさん、本当にありがとうございます。



というわけで、ゴジラ観に行こうかな!!

2016年8月4日木曜日

ユングの棚上げ所感!AFTERNOON PIANONNO 2016!!

アフタヌーン・ピアノンノ2016、楽しかったひと時も終わり、ビデオのマスターディスクも出来上がり、あとは所感を書くだけになりました。楽しい時間はあっという間です。




所感、私にとっては、毎年のピアノンノを振り返って整理し記憶に刻むための大切な作業です。文章にすることで、ああ、こういう進歩があったな、この変化はなんだろうな、と思いを巡らせます。もちろん、音楽に造詣が深いわけでもなく、技術的なことを理解しているわけでもないので、書ける内容といえばせいぜい感想文レベルを超えないわけなのですが、それでも記録に残しておくことで、後で読んだ時に「ああそういえばこの時は自分はこう感じたんだよな」と音楽を感じる自分自身の変化に気づくこともあります。というわけで、毎度自分を棚上げして申し訳ありませんが、ユングの棚上げ所感でございます。奏者名はイニシャルにしてあります。










●第1部

・Y.Kちゃん 小森昭宏 いとまきのうた
       ヘンリ・クレイ・ワーク 大きな古時計
  A.Kさん家の次女さん。今日は3人娘が和装で弾いてくれました。
  ソロ2曲、どちらの曲も、しっかりとリズムを刻んで、ミスもなく、きっちり練習してきているなあという印象でした。いとまきのうたは、たしかお姉ちゃんもやったかな。お姉ちゃんに負けないくらい上手にできました。来年あたりは弾き語りに挑戦してきそうな気がします。楽しみです。



・S.Mちゃん ブルグミュラー すなおな心
  私の娘です。音楽をやる女の子はシャキッとしていて、逆に音楽をやる男の子は少しウェットですね。この子はまさにシャキーンです。なんとか本番は止まらずにまとめてきました。「すなおな心」というよりは「強気な心」だったような気がします。



・H.Sちゃん、K.Sさん 外国曲 こいぬのマーチ
           R・ロジャース ドレミの歌
  ママとの連弾でどちらも調が同じ長調の明るい曲。聴いていて自然に途切れず楽しい気持ちになりました。
  この子はママ譲りでしょうか、音感がけっこういいのかなという気がします。まだ幼稚園ですけれど、しっかりと音を取ります。ぜひずっと続けてほしいですね。そしてママのようなショパニストになるんだ!!



・A.Mさん エンニオ・モリコーネ 映画「ニュー・シネマ・パラダイス」から
         ニュー・シネマ・パラダイス
         成長
         愛のテーマ
         新井満 千の風になって
  自分です。映画音楽のほうはともかく、千の風は弾き語りで、私は弾き語りの経験などほとんど皆無、もう気持ちだけで歌っていました。結果はどうあれ、今日出せるものはすべて出し切ったと思います。



・K.Sさん ショパン ワルツ第1番 変ホ長調 華麗なる大円舞曲
  ショパンがなぜかしっくりくるK.Sさんです。今回もショパンの王道的な超有名曲。
  練習不足でやばいと仰られてましたが、きちんと全体の雰囲気、形がまとまっていました。さすがショパニストです。途中つまりかけても弾き手に迷いがなければ、聴くほうは流れを止めずに聴けるものです。大変に男前な演奏でした。アッパレです。



・Y.Mくん ギロック サラバンド
  私の息子です。本人は途中で止まったことが非常に悔やまれて不完全燃焼だと言っていました。まあそれはそれとして、彼らしい繊細さは出せたのかなと思います。この曲にはそんな雰囲気が合っていますね。



・A.Kさんご一家 Greeeen キセキ
  毎年ご家族オールメンバーでエンターテイメントを披露してくださるA.Kさんご一家です。
  今年はパパがピアノ、ママが歌、娘さんたちは小太鼓、ウッドブロックに、一番下のおちびちゃんもカスタネットで参加されました。
  私はこの「キセキ」という曲を知りませんでしたが、このご家族がシンプルに音楽が好きで好きでたまらなく、そしてそれを引き出す家族の和がなんともナチュラルで心地よく、自分もこんな風に音楽を愛せたらなあと思ってしまう、そんな素敵な演奏でした。








●第2部

・I.Kさん ショパン 前奏曲 第15番 「雨だれ」
  雨だれですが、当日のお天気は快晴でした。この時だけ雨降ってくれるともっともっと雰囲気が出たかもしれません。
  演奏そのものは、まさにI.Kさんの人柄がそのまま出たような、朴訥で自然体、まさに音楽と自分がそこで相対していて、他に余分な雑念がない、それゆえに、そこから紡ぎだされる音楽は嫌味がなく、純粋なものでした。ある意味これが理想の音楽ではないかと思います。心にじわりと残る演奏でした。



・A.Kさん、Y.Kちゃん、H.Kちゃん R・ロジャース ドレミの歌
  サウンド・オブ・ミュージックの名曲です。3姉妹プラスママさんで豪華な連弾です。
  ママが低音のリズムを刻み、まんなかのお姉ちゃんがメロディ旋律を、上のお姉ちゃんが高音部で装飾音を奏でます。こういう楽譜があるんでしょうか。あるいはご自分で編曲されたんでしょうか。これはいいなあ。大人が聴いても楽しめるドレミの歌でした。これは手拍子があっても良かったかな。



・K.Mちゃん、N.Mさん 久石譲 風の通り道
  私と仲の悪いうちの次男です。
  まあ、完全に練習不足でなめてた感丸出しでした。普段ママに甘えすぎてるツケが来たんですね。これにこりて、次からは真面目にピアノと向き合ってほしいものです。



・E.Uさん ショパン ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2
      ショパン ワルツ 変イ長調 Op.69-1「告別」
  「告別」を「告白」と勘違いしていたE.Uさん。
  聴けばだれもが知っている有名なワルツですが、言われてみれば、「告別」というタイトルがなければラブラブと言われても頷いてしまいそうな長調の曲。
  でもやっぱりどこか陰影がありますよね。告別とまでは言わなくても、なんとなく、夕暮れの下校時刻に流れそうな、「ばいばい、またね」というような感じでしょうか。そんな感じがようく出ていました。高校生くらいのカップルが夕暮れ時に分かれてそれぞれの自宅に帰るような、そんなワルツでした。



・M.Kちゃん フランス民謡 はしのうえで
  カメラ係のろいこさんの娘さん。今回がピアノンノはデビュー戦でした。
  まったく詰まらず、きっちりとリズムを刻み、最後まで危なげなく弾き切りました。アフターでも何度も何度も弾いていました。きっとこの子は舞台度胸があって、ピアノが大好きで、人前で弾くことが楽しいのでしょうね。これからが楽しみなお嬢さんです。
  


・A.Oくん J.S.バッハ ガヴォット
  今年最も進歩を感じたお子さんです。
  バイオリン、ピアノとは難しさが全然違うとは思いますが、一昨年、昨年と比べて飛躍的に音をしっかりと捉えているように感じました。
  たしか2年ほど前にも同じ曲をやっていましたが、その時は短い簡単バージョンでしたが、今回はたぶんフルバージョンなのかな?数分くらいの長さでした。ボウイングの妙とか私にはわかりませんが、ああ頑張ってるなあと嬉しくなった演奏でした。



・M.Mさん ブラームス Op.21-1 創作主題による変奏曲 ニ長調
  ブラームスが好きなM.Mさん、私もブラームスは好きですが、この曲は知りませんでした。ピアノクラブOBのM.Oさんから教えてもらったとのことで、やはりピアノクラブ重鎮は珍しい曲に造詣が深いなあと改めて感じました。
  さてM.Mさんの演奏ですが、この人らしさがやはりようく出ていて、音がどっしりとしてなんともいえない安定感、安心を感じる演奏でした。
  毎年思うのですが、選曲がストーリー性のあるものなんですよね。始まりからして、なにか始まったぞ、楽しそうなお話しかな、というような期待を感じる始まり、途中は短調と長調が入り混じっていろんな感情が交錯したような速いパッセージ。聴衆人それぞれだとは思いますが、聴いていてなにがしかの情景が浮かびます。ただの音のつながりではない、お話を聞いているような感じなので、どんどん引き込まれていきます。今年も素敵なお話を聞かせてもらいました。ありがとう。







●第3部

・C.Gさん 平井康三郎 幻想曲 「さくらさくら」
  C.Gさんが中学生の時に出会い、初めて自分からピアノを主体的に練習しようと取り組んだという、ピアノ道の転機になった曲だそうです。
  私はこの曲を初めて聴きましたが、曲そのものよりも、C.Gさんらしさが前面に出ていて、なんとも雄大な「さくらさくら」を表現していました。極大サイズの花びらが台風のように舞っている情景が浮かびました。いやあ、なんというか、若い気がしました。


  
・H.Kちゃん ブルグミュラー 優しく美しく
  クリスティーン・アンダーソン レット・イット・ゴー
  和装3人娘の長女さんです。
  毎年弾き語りをやったりと周りをあっと言わせる子ですが、今年はさらに運指がこなれていて、左手にメロディーがうつるところもうまく表現していて、かなりポテンシャルの高い子だなあとあらためて驚かされました。人前で表現することにためらいがなく、これから先もとどまることなく新しい驚きを見せてくれるんだろうなあと期待しています。



・N.Mさん ドビュッシー 夢
  私の奥さんです。本人は途中で止まったりと出来に絶望しておりましたが、やはりN.Mさんらしい、淡々とした調子とほのかな優しさはちゃんとあって、聴いていてどこかほっこりするような演奏でした。忙しい中いろいろ準備やらなんやらで大変でしたが、よく頑張ってくれたと思います。ブラボーです。



・K.Mくん ギロック 女王様のメヌエット
  私と仲の悪い次男です。1年間ちっとも練習しないので、去年と全然難易度が変わっていません。少しは真面目に取り組んでほしいんですが、しばらくこんな感じでたらたら行きそうな気がします。



・Y.Oさん サティ ヴェクサシオン より抜粋
  ドビュッシー カノープ
  相変わらず不思議世界の住人のY.Oさん。今年は去年に引き続き、サティの、去年よりもさらに変な曲を持ってきました。ヴェクサシオンとは「つまらないもの」という意味だそうです。楽譜の作曲者指示として「この節を840回繰り返すには忍耐が必要」とか書いてあり、ほとんど嫌がらせか遊びで作曲したのかって感じですが、今回私はやっとわかったのですが、Y.Oさんはピアノという楽器の表現の幅の限界に挑戦しようとしているようです。そう考えてみると、演奏中にピアノの蓋を開け閉めしたり、譜面台に笛を置いたり、ソステヌートペダルを踏んでみたり、不協和音覚悟でダンパーペダルを踏みっぱなしにしたりといった奇行も納得がいくわけです。彼らしい遊び心満載の不思議世界、たっぷりと堪能させていただきました。ちなみに、私は彼が何回繰り返すのか数えていましたが、数えつかれてやめてしまいました(笑)


  
・M.Gちゃん Robert B. Sherman & Richard M. Sherman チム・チム・チェリー
  昨年に引き続き2回目の出演です。はるばる岡山から来てくれました。
  この選曲はパパの押し付けだそうですが、この曲は小さな子供が弾いたほうが感じが出るかもしれません。なんともわびしげな、この曲の雰囲気がようく出ていたと思います。アフターでもリクエストが殺到していました。素敵な演奏でした。


  
・M & S +α 岡本定義・はじめちとせ ハミングバード
  M.Kちゃんとうちの娘のデュエットにS.Kさんがハモり、I.Kさんのギターと私のタンバリンで楽しく合奏しました。二人の声質が近くて、いい感じの歌で、ハモリがまた良かったです。タンバリンで拍子をとるのが楽しくて、そのうち聴衆の子供たちもハンドベルで合わせてくれたり、手拍子くれたり。これぞライブ。生きた音楽って最高ですね。


  
・M.Oさん ベートーヴェン ソナタ第26番 「告別」
  地元千住でピアノ教室をやってらっしゃるM.Oさん。お子さん男3人かかえて音楽活動もいろいろと精力的にこなされて、途方もないバイタリティにはいつも感服しています。今回はプログラム作成まで全部やってくださいました。
  そんな忙しい彼女が持ってきたのは告別全楽章・・・私は全楽章ライブで聴いたのは初めてでした。
  これだけ長くて難しい大曲を仕上げてくるだけでもとんでもない偉業ですが、きっちりと難なく弾き切るところ、さすがです。感じるところとしては、ちょっと大げさかもしれませんが、感覚的には、オーケストラを聴いているようなスケールの大きさに、聴いていて森林浴しているような心地よさを感じました。素晴らしいトリでした。ブラボーです。







●第4部

・Y.N & S.K 葉加瀬太郎 情熱大陸
  1週間前に収録したビデオでの出演でしたが、Y.Nさんの軽快なプリモに、S.Kさんの安定したセコンドがいい感じに掛け合っていて、スピードに乗って風を切るような心地よさとノリでした。Sound24の編曲は連弾なのにになんでってくらい難しいんですが、それをこのスピードで弾き切るというのは、やはり手練が二人そろうとこれだけの説得力を持つんだなあと、あらためて感嘆しました。この演奏を聴くと、私はついノッてしまってなにかを叩いたり足を踏み鳴らしたくなってしまいます。お二人の演奏のあとには、みんなでセッション。それぞれ好きな楽器を持って参加しました。子供たちみんなこの曲を昔から知っているかのように、止まるところでは止まり、走るところでは走る。聴衆をこれだけ動かすこのパワー、これはやはりお二人の演奏のオーラの力なんだろうなと思いました。



・AFTERNOON PIANONNO ORCHESTRA 黒須克彦 夢をかなえてドラえもん
  最後のしめはドラえもん。これも子供たちが鳴り物や歌で参加してくれました。
  ギター、リコーダー、ハンドベル、バイオリン、ジャンベ、タンバリン、カスタネット、ウッドブロック、ピアニカ、ハーモニカ、そしてかわいらしい声。即席オーケストラの出来上がり。バイオリンなどは、楽譜もないのにその場で合わせてくれて、子供たちの進歩をひしひしと感じるドラえもんでした。いやー、楽しかった。心から楽しかったです。







今年のアフタヌーン・ピアノンノは、個人的にはちょっと体調を崩している中での開催で少し厳しいかなと思うところもありましたが、ふたを開けてみれば、皆さまや子供たちがいっぱい手伝ってくれて、実は今までで一番負荷少なく、私はかなり楽させていただいたコンサートだったように思います。その分皆さまに負荷が大きくなったかもしれませんが(笑)

今はただ、無事に終えられたこと、素敵な演奏がたくさん聴けたこと、子供たちの成長に立ち会えたこと、この瞬間あの場所で生まれ出る音楽に関われたことに感謝しております。





来年、再来年、いつまで続けられるでしょうか。わかりませんが、私にとっては年に一度の至福のひとときです。みなさまの力をお借りしつつ、ずーっと続けていきたいと思っています。また来年、きっとあの場所で会えますように。


ありがとうございました!!




2016年8月1日月曜日

AFTERNOON PIANONNO 2016 ご参加御礼

こんにちは。アフタヌーン・ピアノンノ2016が終わり、完全に放心状態のユングです。



そんなわけで、2016年の第7回アフタヌーン・ピアノンノ、7月30日土曜日に開催されました。今年も抜けるような青空に恵まれました。







なんか、楽しい時間があっという間に過ぎてしまったという、喪失感にも似た感じでしたが、本当に充実した時間を過ごさせていただきました。



今年は子供たちがとても頼もしく手伝ってくれたのがわたくし個人的には助かったなあというのと成長を感じて嬉しかったです。








この日のために素敵な演奏を準備してくださった奏者の皆さま、聴きに来てくださったみなさま、私がお礼を言うのはもしかしたら変なのかもしれませんが、やっぱり感謝しています。年に一度のこの楽しみが皆さまと共有できることがなにより嬉しいです。
ありがとうございます。








プログラム作成を引き受けてくださったM.Oさん、見た目かわいらしく、曲順も良いバランスで素敵なプログラムでした。今回は本当に最初から印刷までまるごと引き受けてくれて本当に助かりました。大変な作業だったと思います。本当にありがとうございました。







音響周り、プロジェクターのお手配などは、地元の音楽友達I.KさんS.Kさんご夫妻がやってくださいました。今回アフタヌーン・ピアノンノ始まって以来初の、映像出演があり、どうなることかと思っていましたが、おかげさまでいい感じになったと思います。そして私は今回ゆったりと皆様の演奏を聴くことができました。本当にありがとうございました。









そして写真係を引き受けてくれたろいこさん。いつも果てしなく助かっています。今回も素晴らしい写真をたくさん撮ってくれました。ここに載せているのは画像サイズを小さくしたほんの数枚ですけれども、実際にはウン百枚、その場の空気感が伝わる珠玉のショットの数々でした。本当にありがとう。感謝しています。









今年も素敵な看板を作ってくださったM.Mさん。岩手から持ってくるの大変だったでしょうに!
そして、この看板の右上にあしらってある江戸風鈴、ようく見ると、ガラスのふちに鍵盤が描いてあるのです。M.Mさんのお子さんのK.Mさんが描いてくださいました。

なんて涼やかな!風鈴の音がピアノのように音楽を奏でそうな気がします。

本当にありがとう。こういうセンス、大好きです。











今回、司会の一部を子供たちに分担し、他己紹介ではなく自己紹介形式でプログラムを回しました。

司会を分担してくれた子供たち、ありがとうございました。長時間よく頑張ったね。頼もしい限りです。子供たち、成長していないようでちゃんとしてるんだなあと実感しました。それが一番うれしかったです。

次回もぜひこのやり方でできたらと思います。








そして遠いところから来てくださっている皆さま、岡山からC.GさんM.Gちゃん親子、岩手からM.Mさん、福島からM.Oさん、群馬からY.Uさん。新幹線やマイカーでかけさけてくださいました。

こんな遠い距離隔てているのに会えるということが私にはいつも奇跡にも思える楽しみです。会えて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。









楽しい時間が過ぎるのは本当にあっという間でした。今年のアフターはほんとに短く感じました。もっともっと長く楽しんでいたかったです。







このログハウスという場所がそもそも奇跡なのかもしれません。こんな素敵な場所、そこいらには転がってないでしょう。周りは子供たちがのびのび遊べる公園になっていて、深い里山に囲まれてセミの鳴き声が絶えず、その中にまるで絵に描いたような煙突のついた木づくりのログハウス。そしてグランドピアノ。この場所に感謝です。













アフターのあとユング家にお泊りいただいたM.Oさん、C.Gさん、M.Mさんとの語らいも、私にとっては楽しみを超えたたからものと言ってもいいひとときでした。お付き合いいただきありがとうございました。








そんなわけで、今年のアフタヌーン・ピアノンノのプログラムを載せておきます。M.Oさんの力作です。








●第1部

・Y.Kちゃん 小森昭宏 いとまきのうた
  ヘンリ・クレイ・ワーク 大きな古時計

・S.Mちゃん ブルグミュラー すなおな心

・H.Sちゃん、K.Sさん 外国曲 こいぬのマーチ
  R・ロジャース ドレミの歌

・A.Mさん エンニオ・モリコーネ 映画「ニュー・シネマ・パラダイス」から
  ニュー・シネマ・パラダイス
  成長
  愛のテーマ
 新井満 千の風になって

・K.Sさん ショパン ワルツ第1番 変ホ長調 華麗なる大円舞曲

・Y.Mくん ギロック サラバンド

・A.Kさんご一家 Greeeen キセキ




●第2部

・I.Kさん ショパン 前奏曲 第15番 「雨だれ」

・A.Kさん、Y.Kちゃん、H.Kちゃん R・ロジャース ドレミの歌

・K.Mちゃん、N.Mさん 久石譲 風の通り道

・E.Uさん ショパン ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2
  ショパン ワルツ 変イ長調 Op.69-1「告別」

・M.Kちゃん フランス民謡 はしのうえで

・A.Oくん J.S.バッハ ガヴォット

・M.Mさん ブラームス Op.21-1 創作主題による変奏曲 ニ長調





●第3部

・C.Gさん 平井康三郎 幻想曲 「さくらさくら」
・H.Kちゃん ブルグミュラー 優しく美しく
  クリスティーン・アンダーソン レット・イット・ゴー
・N.Mさん ドビュッシー 夢
・K.Mくん ギロック 女王様のメヌエット
・Y.Oさん サティ ヴェクサシオン より抜粋
  ドビュッシー カノープ
・M.Gちゃん Robert B. Sherman & Richard M. Sherman チム・チム・チェリー
・M & S +α 岡本定義・はじめちとせ ハミングバード
・M.Oさん ベートーヴェン ソナタ第26番 「告別」


●第4部

・Y.N & S.K 葉加瀬太郎 情熱大陸

・AFTERNOON PIANONNO ORCHESTRA 黒須克彦 夢をかなえてドラえもん







この先、どこまで続くのでしょうか。わかりませんが、こんな楽しいひと時が永遠であったらならと願わずにはいられません。



来てくださった皆様への感謝をこめて。ありがとうございました。











2016年7月2日土曜日

水本桂さん~こどものための音・楽・会!

こんにちは。ユングです。連投です。

さてさて、ピアノクラブのOGで、ベルギーでプロのピアニストとしてご活躍されている水本桂さん。

今年の夏、和歌山で「こどものための音・楽・会」として、小さな子供たちのために演奏会を開催されます!

「こどものための音・楽・会~家族みんなで音楽と一緒に世界旅行に行こう!」
 7/10(日) 開演15:00 和歌山県田辺市 紀南文化会館小ホール



一昨年が最初だったこの演奏会。今年は二回目になります。
今年はオランダの若手女性チェリスト、リディ・ブレイドルプさんと一緒に、世界のあちこちの音楽をお話ししながら演奏して旅行気分で楽しむ、というような趣向のようです。


曲目も子供たちがよく知っている曲がたくさん。

バッハ チェロ独奏組曲より
グリーク チェロとピアノのためのソナタ
ショパン 子犬のワルツ
フォーレ パピヨン
「アナと雪の女王」主題歌 ほか

幼児でも入れる演奏会です。演奏会は小さなお子様連れでは入りにくいというか入れないのが普通ですが、これは大丈夫です。

行けそうな方はぜひ足を運んでみてください!!


ベガコンサートVol.2 水本桂さんのコンサートがあります!

こんにちは。ユングです。毎日暑いですねえ。みなさまお元気でしょうか。

さてさて、ピアノクラブのOGで、ベルギーでプロのピアニストとしてご活躍されている水本桂さんが、今年の夏、和歌山で演奏会を催されます!!

「ベガコンサート~真夏の再会~Vol.2 チェロとピアノ」
 7/9(土) 開演19:00 和歌山県田辺市 紀南文化会館小ホール



一昨年がVol.1でした。今年は二回目になります。
今年はオランダの若手女性チェリスト、リディ・ブレイドルプさんと一緒に、
チェロとピアノのコラボだそうです。

曲目も面白そうです。

バッハ 無伴奏チェロ組曲第6番より
グリーク チェロとピアノのためのソナタ
ショパン バラード第4番
フォーレ 夢のあとに、パピヨン
ドビュッシー=ブレイドルプ 無伴奏チェロ作品「シランクス」
ラヴェル カディッシュ・追悼の祈り
ラヴェル=ブレイドルプ スペイン狂詩曲より「マラグエナ」
ドビュッシー チェロとピアノのためのソナタ

ブレイドルプさんが編曲されているものもあるようですね。

行けそうな方はぜひ足を運んでみてください!!